デリケートゾーンのムダ毛と痒みが出る原因と対処法

デリケートゾーンはムダ毛が生えているので臭いが出やすいのですが痒みも出てしまう事が多いです。

痒みの頻度も人それぞれだと思いますが強い痒みだと性病を疑ってしまい心配になってしまいます。しかもあそこが痒くなった事など相談しにくいのでどうしようか迷ってしまう事も多いでしょう。そのためにデリケートゾーンはなぜ痒みがでてしまうのか原因をしっかり把握していきましょう。

デリケートゾーンの痒みの主な原因は蒸れ

josbd

デリケートゾーンの痒みの主な原因は蒸れてしまうという事にあります。デリケートゾーンはムダ毛が生えている他に下着も履いているので通気性が悪くなってしまいます。そのため高温多湿のような状態になってしまうので細菌が増えやすい環境になってしまいます。細菌が増えてしまうと痒みが出やすくなってしまいます。

免疫力の低下

蒸れてしまう他に免疫力が低下している時も痒みが出てしまう場合があります。免疫力が低下していると皮膚のバリア機能が低下してしまうので下着を履いているだけでもかぶれてしまって痒みが出てしまいます。特に疲労が蓄積していたりストレスが溜まっていたりすると免疫力が低下してしまうので注意が必要です。

性病による痒み

痒みがいつまで経っても治らないという人は性病を疑う必要があるかもしれません。ただし性病にかかってしまった場合は痒みの他にあそこがヒリヒリとした痛みや臭いが出る事があるので比較的判断はしやすいかもしれません。そのため明らかにおかしいという事も分かるので医師の診察を受けるようにしましょう。

デリケートゾーンの痒みの対処法

kdnpdj
デリケートゾーンの痒みを防ぐには通気性よ良くして清潔に保つ事が大切です。まず下着は自分に合ったサイズの下着を履くようにしてなるべくあそこが締め付けられないようにする事が大切です。それにズボンではなくスカートやゆったりとしたパンツなどを履くと蒸れにくくなって通気性が良くなるでしょう。

デリケートゾーン専用の石鹸

デリケートゾーンを洗う時はボディソープで洗うより専用の石鹸で洗うようにしましょう。ボディソープは洗浄力が強い事が多いので善玉菌も一緒に洗い落としてしまいます。そのため痒みが出やすくなってしまう事があります。

あそこの痒みについての公式サイトでも、アルカリ性のボディーソープを使わずに、専用のデリケートゾーン石鹸を推奨しています。
専用の石鹸で洗えば洗浄力はそれほど強くないので善玉菌まで洗い落としてしまう事はないでしょう。

あそこの痒みがどうしても我慢出来ない場合は痒み止めの薬を塗るといいでしょう。ただし塗り過ぎも皮膚に良くないので正しい方法で塗るようにしましょう。

生理中にはかゆみが増加

デリケートゾーンのトラブルってどれくらいの人が経験しているのでしょうか?
私の場合は、たまに痒みを感じることがあります。決まって痒みを覚えるのは生理の時。
もともと、アトピー体質ですし肌に触れるものに敏感に反応し、合わないものが触れているとチクチクと不快感を覚えるタイプなのですが、生理中はあそこにナプキンをあてないわけにもいきません。

ナプキン選びもあれこれのメーカーのものを試してみましたが、メッシュタイプのものだと通気性が良いと考えて使ってみてもやはりある程度蒸れてしまいますし、私にはまだコットン感の強い柔らかい肌触りのナプキンの方が肌トラブルが少ないようです。

topimage

紙ナプキンが原因の痒み

考えてみるに、私には紙ナプキンそのものが肌に合わないのだと思います。特に夏場になると汗もかく上にデリケートゾーンが蒸れますし、雑菌も繁殖しやすいですし、痒みが増す原因になります。

本当に、痒くて仕方ないときは市販薬のデリケートゾーン用クリーム(ドラッグストアで販売しているものです)を塗って様子を見ることもありましたが、虫刺されのときのように足や腕などと違って、あそこの痒みはボリボリと掻いて解消できない点もつらいところです。

cabte
以前、どうしても痒みが残るときがあり、かかりつけの皮膚科で相談したところ、私のようにアレルギー体質の人にはナプキンを使うことによるアレルギー反応としてデリケートゾーンにトラブルが起こることや、ナプキンとの摩擦でトラブルが起こることは多いとのことでした。
同じ女性で多くが抱える悩み、トラブルと知ってちょっと安心しましたが、生理は毎月やってくるものだけに悩ましい問題です。
そこで、一度紙ナプキンを使用するのをやめてみました。というのも、会社の先輩が布ナプキンに切り替えてからスキントラブルもなく生理痛も激減して調子が良いというのです。

私も紙ナプキンがどうも肌に合わなくて困っていると伝えると、こっそりと自分が使っているメーカーの布ナプキンを購入してプレゼントしてくれました。
使ってみた感想は、あそこへのストレスが少ないということです。パンツをはいている時と変わらないつけ心地なんですよね。やはり布というだけあって、硬い感じや異質なものを当てている感覚がありません。また、思っていたほど吸収力に不安があるものでもありませんでした。
仕事場では、布ナプキンを取り換えたときに持ち帰る際、周囲の目が気になるのでなかなか使うことはありませんが、休日などは断然布ナプキンを使うようになりました。
生理中のデリケートゾーンにトラブルを感じている人へはおすすめのグッズですよ。

痒みには塗り薬?カンジタとの付き合い方

私は頻繁にカンジタになります。このカンジタ発症中は、あそこが尋常じゃないくらいかゆいんです。

カンジタは膣の中にいるカンジタ菌が繁殖して、かゆみが出て、おりものがヨーグルト状になったりする病気ですが、軽度の時は、少ない痒みですが、重度の時はかきむしってしまいたくなるくらい痒いです。

cabte

カンジタになってしまう原因は、抗生物質を飲んだり、あそこを洗いすぎたため良い菌まで無くしてしまうことが原因だったり、セックスであそこが傷ついたり擦れたりすることが原因でもなります。カンジタの時には、その病気が収まれば、自然と痒みもなくなりますので、カンジタを治すことに専念します。

カンジタの塗り薬

病院で出してもらった専門の固形の薬を膣に挿入することと、カンジタ専用の塗り薬を塗る事です。

can3

再発した人のために、メディトリートという商品があります。普通のドラッグストアでカンジタ用の挿入薬と塗り薬を購入できるので、病院へ行く時間がない時も安心です。病院で、局部を見せる事なく、簡単なアンケートで買うことができるので、私はいつもドラッグストアで買っています。

アンケートの際、過去2か月以内に発症した事がないかを聞かれるので、あっても「ない」と返答します。しないと売ってもらえないからです。

あまりにも頻繁に再発するので、病院で先生に聞いてみたところ、なりやすい人とそうでない人がいるし、風邪をひいたようなもんだから気にしなくていいと言われました。

なんだか、あそこが痒いなと思ったら、大抵カンジタです。時々、二日ほどシャワーをあびずに不潔にしていて、かゆくなることがあります。菌とムレが原因だと思います。

そんな時は、きれいに洗った後、デリケートゾーン専用の塗り薬を塗ります。フレディのクールタイプがお気に入りです。

クリームタイプではなく、ジェルなので、べた付かず、塗った後はスーッと清涼感がいっぱいで痒みも気にならなくなります。このフレディの塗り薬の効能は、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、じんましん、虫刺されなどに対応しています。

今の家にはウォシュレットが無いので、お尻を拭きすぎて、あそこの付近まで痛痒くなる事があるんですが、そんな時にもこのかゆみ止めの薬は重宝します。

カンジダのせいであそこが痒くなってしまいました

20歳頃まではあそこが臭い、痒いで悩んだ事もありませんでした。

気になるようになったのは、25歳の時です。夏にショートパンツを穿いてデートに出かけていたのですが、物を地面に落とした時に拾おうとしてちょっとしゃがんだのです。

するとヨーグルトのような、味噌のような嫌な臭いがして、でもその時はまさか自分のあそこからの臭いだとは気づきませんでした。

ibe

デートから帰って自宅につき、されお風呂に入ろうとショートパンツを脱いだ時も、同じような臭いがしたのです。おかしいなと思って下着を見ると、白いおりものが固まってこびりついていて、そこで初めて私のあそこが臭い原因なのだと判りました。

思い返したあそこの痒み

カンジダだった

思い返してみると、時々あそこが痒くなる事がありました。でもそれは蒸れて痒くなっているのだと思っていたのですが、調べてみてもしかするとカンジダにかかっているのかもしれないと気づいたのです。

恥を忍んで婦人科で検査すると、やっぱりカンジダでした。どうやらカンジダは体調不良から感染しやすいようです。症状は白いおりものが大量に出てしまう、臭い、痒みがあるといった事で、まさに私の症状にピッタリ当てはまっていました。

抗真菌薬

抗真菌薬という薬を処方され、それで腟内を洗浄しつつ、痒みは同じく処方してもらった塗り薬で対処しました。そうすると5~6日であそこの臭い、痒いという悩みは治まったのです。

でも繰り返しやすい病気らしくて、1度治ったと思ったのに風邪を引いたりして、またかかってしまう事もあります。特に夏は汗で、冬はタイツやストッキングを穿いているせいであそこが蒸れるので、そこで痒みも臭いも出やすいのです。

ですから外出時は必ずソフィのデリケートウェットというあそこ専用のウェットシートを持ち歩いています。これはトイレに流せるので大変便利です。

ソフィデリケートウェットシート | ソフィ-ユニ・チャーム

ソフィデリケートウェットシート | ソフィ-ユニ・チャーム

他にはデリシャスボディベアウォッシュという、あそこを洗う専用のボディーシャンプーを使っています。

これで洗う事によって、雑菌も臭いも除去できるのです。これで洗うようになってからはあまり臭いも痒みもしなくなりました。そして生理後ですが、膣内にまだ残ったままの経血が、臭いの原因になる事もあるそうなので、膣洗浄器のインクリアを使う事もあります。

これはネットでも買えますし安いのと、おりものが多くてカンジダにかかったかな?という時にもすぐ使えるので便利です。

デリケートゾーンのトラブルまみれだった私が、その悩みから脱出できました

今でこそ多少落ち着きましたが、10代~20代前半の頃はおりものがとにかく多く、あそこが不快に感じることが多くありました。下着はすぐに汚れるし、その汚れもなかなか落ちない頑固なもので、お気に入りの下着はなかなか履けないことも。

おりものシートを使用するようになってからは少々マシになりましたが、マメに取り換えないとやはり気持ち悪く・・・おりものについては他の女性に比べても多い方であったことは間違いないと思います。そのせいで、時々痒みも起きていました。

実は悪影響だったデリケートゾーンの薬

デリケートゾーン用の塗り薬は、常に持ち歩いていた記憶があります。汚れや痒みが不快なだけでなく、臭いも気になっていました。

友人や彼氏に言われた言葉

date

学生時代、制服のまま友人と共にしゃがんだら、下着が臭っていたようで「なんかドブ臭くない?」と友人に言われてしまう始末。

臭いがすることは自覚していましたが、かなりショックでした。やがて彼氏ができるようになると、体の関係を持つことにもなります。ある男性からは「言いづらいし、ちゃんとお風呂も入ってるんだろうけど、あそこの臭いがキツイよね」と言われてしまいました。

清潔にしているつもりだったのに、じゃあどうしたらいいの・・・とこっそり涙したことも。

おりものが悩みの原因

あそこの悩みの原因は、おりものにあるということはわかっていました。多いことにより、痒みも起き、臭いもきつくなってしまう。体質もあるのでしょうが、子宮の環境がよくないのかな?とも感じるようになりました。

というのも、昔から生理不順だったからです。前の生理がいつだったか、次がいつ頃なのか全くわからず、排卵日なんてわかるはずもなく。関係ないのかもしれませんが、生理不順が良くないことだとはわかっていたので、そちらを改善してみようかなと思い立ちました。

私はぽっちゃり体型で、生理不順で病院に行った時も痩せた方がいいと言われたこともあり、ダイエットしてみることに。運動をしたり食事制限をしたり・・・数ヶ月かけて10㎏ほど落としました。すると、心なしか生理がだいたい決まった周期で来るようになったのです。

多少のズレはあるものの、いつ来るのかわからないということはほぼなくなり、一定のリズムができてきたことがわかりました。生理が順調にくるようになると、おりものの量も落ち着いてきたように思うのです。それでも他の女性より多い方かもしれませんが、以前よりも不快感や痒みを感じることが減り、臭いもそれと同時にマシになりました。

おりものシートの使用は今でも必須ですが、悩むこともほとんどなくなり、ほっとしています。生理との関係は今でも謎ですが、結果的に良かったのでいいかなと思いました。