デリケートゾーンのトラブルまみれだった私が、その悩みから脱出できました

今でこそ多少落ち着きましたが、10代~20代前半の頃はおりものがとにかく多く、あそこが不快に感じることが多くありました。下着はすぐに汚れるし、その汚れもなかなか落ちない頑固なもので、お気に入りの下着はなかなか履けないことも。

おりものシートを使用するようになってからは少々マシになりましたが、マメに取り換えないとやはり気持ち悪く・・・おりものについては他の女性に比べても多い方であったことは間違いないと思います。そのせいで、時々痒みも起きていました。

実は悪影響だったデリケートゾーンの薬

デリケートゾーン用の塗り薬は、常に持ち歩いていた記憶があります。汚れや痒みが不快なだけでなく、臭いも気になっていました。

友人や彼氏に言われた言葉

date

学生時代、制服のまま友人と共にしゃがんだら、下着が臭っていたようで「なんかドブ臭くない?」と友人に言われてしまう始末。

臭いがすることは自覚していましたが、かなりショックでした。やがて彼氏ができるようになると、体の関係を持つことにもなります。ある男性からは「言いづらいし、ちゃんとお風呂も入ってるんだろうけど、あそこの臭いがキツイよね」と言われてしまいました。

清潔にしているつもりだったのに、じゃあどうしたらいいの・・・とこっそり涙したことも。

おりものが悩みの原因

あそこの悩みの原因は、おりものにあるということはわかっていました。多いことにより、痒みも起き、臭いもきつくなってしまう。体質もあるのでしょうが、子宮の環境がよくないのかな?とも感じるようになりました。

というのも、昔から生理不順だったからです。前の生理がいつだったか、次がいつ頃なのか全くわからず、排卵日なんてわかるはずもなく。関係ないのかもしれませんが、生理不順が良くないことだとはわかっていたので、そちらを改善してみようかなと思い立ちました。

私はぽっちゃり体型で、生理不順で病院に行った時も痩せた方がいいと言われたこともあり、ダイエットしてみることに。運動をしたり食事制限をしたり・・・数ヶ月かけて10㎏ほど落としました。すると、心なしか生理がだいたい決まった周期で来るようになったのです。

多少のズレはあるものの、いつ来るのかわからないということはほぼなくなり、一定のリズムができてきたことがわかりました。生理が順調にくるようになると、おりものの量も落ち着いてきたように思うのです。それでも他の女性より多い方かもしれませんが、以前よりも不快感や痒みを感じることが減り、臭いもそれと同時にマシになりました。

おりものシートの使用は今でも必須ですが、悩むこともほとんどなくなり、ほっとしています。生理との関係は今でも謎ですが、結果的に良かったのでいいかなと思いました。